和風料理について再確認していっそう料理上手に!直ぐに実践できる基礎知識

お魚料理の作り方の説明に出てくる霜降作りと呼ばれる具体的なやり方をご存じない方が意外に多いようです。

もともとなぜ必要なのか、どうすれば上手くいくか、それが解決すればスムーズに納得する筈なのです。

胡瓜や大根を使った浅漬は毎日でもテーブルへ出したい一品です。

浅漬けの塩の分量の目安は、材料に対して2~3%を心がけましょう。

食塩のみでも十分ですが、ついでに鷹の爪もしくはしょうが、またはこんぶなども一緒に漬ければ味わいとうま味成分が浸み出します。

魚独特の生臭さに対しては、最初に要因になる脂・血合い肉をきっちり除きましょう。

そして、霜降だけでなく日本酒や食塩等を振るなどの下処理の手段が有用です。

美味な食事が作れるようになるには下拵えに手間をかける意識が重要です。

男性用サプリのバリテイン